庭の木 日々
FC2ブログ

産まれた日



2月13日にふたりめの男のこが産まれました。

帝王切開だったふた坊やにつづき、もし可能なら自然分娩で産みたいとおもい、
同じ大きな病院での出産。
紛れもなく、人生でいちばんがんばった数時間でした。

どんな人も、いきものたちも、あたりまえのようにこの時を経ているのだなとおもうと、命の尊さをより実感して、争いがあるのが不思議におもいます。
世のおかあさんたちを本当に尊敬。
支えていただく頼もしい助産師さんや先生方に、深い感謝の気持ちでいっぱい。

無事に産まれてくれた赤ちゃんにもありがとう。
支えてくれた家族にもありがとう。
産まれた日のささやかな記録。


予定日まで一週間前。
深夜に破水したかとおもって病院にいくも、違うとのことで、
次の日の深夜も、また破水かなぁとおもいつつ、勘違いだったら、とお昼まで家にいてからの診察。
結局、破水していて、そのまま入院に。

満月の後で、病院は満床。
分娩室を個室代わりに一晩すごし、その日は陣痛はこなかったので、
翌朝から促進剤を投与。
帝王切開の可能性もあったので、飲食禁止の中、薬の数値を上げていく。

お昼くらいには、助産師さんに「痛みの波がきましたー」なんていっていたのが、
2時ごろには話せないほどの痛みの波と、合間は気絶のように眠るの繰り返し。
帝王切開にしてもらえばよかったーとなんどもおもった。

「今日はここまでにして、あした続きにしましょう」
と先生から。

夜ご飯も食べられるし、痛みから解放される。とほっとすると、
急にたくさんの人が分娩室に入ってきたのが朦朧としたなかでも慌ただしくわかった。
「産まれます!」えー!?とおもいつつも痛みの中、あれよあれよと分娩台へ。

あとで知ったところ、薬の投与を止めてから、赤ちゃんの心拍が弱って
帝王切開になりそうだったところ、
いままでなかなか開かなかった子宮口が急に全開近く開いたそう。。

そこからは、痛みの波にのっていきむ、気絶のように眠る、の繰り返し。
あとに下がることはできないし、いくらお手伝いしてもらっていても、
わたしががんばるしかないんだ。とおもった。
最後の熱気が朦朧のなかでもよく感じられたラストスパート。
スッポンでなんどか引っ張られたあかちゃんが、出てきました。
分娩台に登ってから4時間ほど。
永遠に終わらない気がしたけれど、ちゃんと着地できた。

最近足を痛めたお母さんが、杖をつきながら実家からきてくれて、
分娩室に入れないふうたと、扉の外で待っていてくれた。
としさんは付き添って頭に手をあててくれていたのがわかった。

ふうたも、おとうちゃんと二人の数日をすごくいいこにしていてくれていたよう。
言葉にはださないけれど、いろいろ感じているのがわかる。やさしいこ。

その晩、おとうちゃんとおうちに帰って
自分で日記を描きはじめたそうな。

5歳のお誕生日にあげた日記帳。
字をまだかけないけれど、絵で残るように記録できたらと。
あとで、日付と出来事を添えてあげています。
家族が4人になった日。



すごくかわいがってくれています。
ありがとう。

赤子のちくちく



年が明けてひと月があっとゆうまに。


昨年は、お店としても新しい流れがたくさんあり、
さいごまで充実していました。

誰かと共に築くことの素晴らしさ、たのしさを知ったのでした。

自分たちも、お越しいただいた方も 笑顔がいつもより光っていて、
こんな風に、自然な流れで積み重ねていけたらいいなぁと、しみじみおもいました。



ことしもきっとたのしくなる。


もうすぐ、5歳になったふた坊に弟が産まれます。

仕事をほんのりおさえて、準備にとりかかる毎日はとても穏やかでしあわせな時間。

肌ざわりのいい生地を選んで、肌着やおむつカバーなど、柔らかい肌を包んでくれるアイテムをすこしずつ作っています。

予想外の波にも、柔軟にぷかぷか浮いていられますように。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

冬ごもり中

IMG_0262.jpeg

あたらしい年に入り、ひと月ほど。


年末は、バタバタがおいつかなかったので、
おもいきって、お店のほうの年賀状も控えることにしました。
(プライベートのほうは喪中でした)


小学生のときからつづけていた年賀状。
勇気がいりましたが。。
手書きの文字でお手紙をいただくのはうれしいので、
次回は再開できたらとおもいつつ。


仕入れ旅へいかない冬。
整えることと作ることをじっくりしていきたいなと。
向かい合ういい時期です。いまを大事に。

本年もどうぞよろしくおねがいいたします。


IMG_0257.jpeg
空とぶ ふた坊や。

ケン と カンちゃん

ふた坊のおともだち。ケン。

保育園にそんな名前のこ、いたっけなー。と。
なに組?と聞くと、おなじ組。と。

あれこれ聞いていくと、

ケンはふうたの中にいて、
ふうたから生まれた

ケンとふうたは仲よしで
ケンはアメリカに行った

とのこと。


ケンのことなら、あれこれ長いこと話し出す。
どうやら、ふた坊にしか見えないお友だちのよう。


何ヶ月もぶれずに登場するケン。
今ケンはなにしているの?とたまに聞いてみるようになってきました。


最近は新キャラのカンちゃんが登場。

続いて、おじょうちゃんとビンちゃん。
おじょうちゃんは、ヒゲのおじいさんらしい。笑


地球が生まれた歌をつくったり、変な顔のバリエーションも増えていく。
どこまでも自由で壮大なちびっこ。
固まりかけた頭の中をほぐしてくれて、大笑いする毎日を、ありがとう。

IMG_9765.jpg

4歳になりました。

お誕生日、4歳になったね。といっても、まだだという。
夜、暗くして歌をうたい、ケーキのろうそくをフーッと消したら、
4歳になったと納得したよう。
はずかしそうに、うれしそうに。歌をきいていた表情。宝ものだなー。

4歳のヒゲ

IMG_9317.jpg

おとうちゃんの ジャリジャリひげ が
乾燥した皮膚の割れ目にささっていたい という話をきいて


ふうたも そんな ヒゲになりたいー と。

なにがいいのか。



4さいになったら ヒゲ生えてくると なぜか前々から言っている。

おかあちゃんも 4さいになったら ヒゲ生えてくるからねー 
だって。。



もうすぐ4歳。

昨年 自分用に編んだけれど小さかったニット帽が、
ふた坊の今にぴったりだった。

HOME


  
 

京都のuskabardです

お店のこと

日常のこと

旅のこと


entries

categories

archives

link