庭の木 '12-仕入と音楽と

デリー

ナマステー。

デリーにいます。

経由地の広州がすごくさむかったので、
デリーの寒さはやわらかく感じます。

ここでも布などをさがしにうろうろしてみているけれど、
まだ仕入れモードになりきれず。

年末せわしなかったのがまだ中にのこっているので、
いちどひとりで空白になるのが必要なのかも。


今夜、ウダイプルに向かいます。
アーメダバード行きのチケットがとれなかったので、
ルートを変更。

ウダイプルは湖と宮殿のあるうつくしいところらしい。
はじめていきます。
こういうのも縁ですね。たのしみ。

靴底リニューアル



一年間履きつづけたらくだ革の靴を再びジャイサルメールまで履いていって、
同じ靴を買って帰るというのが恒例なのですが、
ジャイサルメールまでもたなそうだったので、ボロボロの靴底をやっと直してもらいました。
これでとうぶん大丈夫。


手際がよいです。



ウダイプルは、はじめてきた街なので、
歩きまくって迷いまくって、
距離感とか雰囲気を吸収しようと。

骨董品のお店がいっぱいで、
ちょこちょこ購入しています。


不気味な子どもマネキン。

カッチ。

ウダイプルからバスを乗り継ぎ、15時間。
カッチにつきました。

寝台だけれど、一番後の席はよく跳ねる。酔いやすいひとはさけるべし。
インドのバス。振動でだんだん窓が開いてくるので、すごく寒いのがふつうだけれど、
今回のバスの窓、ひと眠りさせてくれてから開きだすので、わりとよく眠れました。



ともあれ、グジャラートはあたたかい。
ダウンジャケットも、ヒートテックも当分用なし。
薄手のインド服ですごしています。身軽身軽!

RIMG0136.jpg


2週間ここらへんの村々ををまわって、再びラジャスターンへいきたいところ。
となると、やっぱりかけあし。

会いたいひとに会いにいって、最低限仕入れるものをみつけにいって。。
あたらしいところを開拓したくても、なかなか時間がないものです。

村にいったら、津波のことをみんな心配していました。
"電話かけてもでないし!"って。
それ、インドの携帯番号ですもの。
みなあたたかいです。


RIMG0134.jpg

いつもは乾燥しきっている荒野に、今年は雨がよく降ったのか、
川に水がながれていて、地面にコケのような小さな植物も。
大きな鳥もたくさんいました。



RIMG0132.jpg
カッチの北部はミルクの産地。

大きな鍋で何時間も煮込んだ、甘いミルクのスイーツ。マワ。も有名です。

RIMG0133.jpg




RIMG0138.jpg

日本でとしさんが買ってたワセリンがインド産だったので、
こっちにきてから買ってみた。
とてもチープなケースだけれど、デザインはこんなかんじだったっけ。
で、こちら30円なり。



今夜、大きな買い物バッグをつくって、
あしたからまた村巡り。

いい出会いがありますように。

キーアイヨー

= カッチ語で、"元気ですか"



道路と道路のあいだで、きもちよさそうに、
ひとも、うしも、いぬも、ひなたぼっこ。

RIMG0075.jpg

なんか変だと思ってよく見ると、

RIMG0074.jpg

すごいねじれてる。

よくこれで、すやすやと。。笑





RIMG0093.jpg

カッチ、10日くらいたったでしょうか。

したいことと日程がつりあわないけれど、強行で日曜日にここをでることにしました。

明日、村に泊まりに行って、2日後には他の村の結婚式にいってきて、
街にもどった日の夕方のバスでラジャスターンへ。
こんな体力、何歳くらいまでもつのかしら。。



グジャラートは人がいいと、インド人も言っているくらい。

お金や物をせびろうとしないし、(すこしはいるけれど)
ひかえめで、きをつかってくれて、やわらかい。すぐ家族みたいにつつんでくれる。

また会いにいったら、ほんとうによろこんでくれるから、
また行きたいとおもうのです。


RIMG0091.jpg

きょうは、ホドカ村でなかよくなったラトナーが、
去年嫁いだククマ村にいってきました。

住所も電話番号もわからなくて、ラトナーのなまえですぐみつかるかとおもっていたけれど、
意外とおおきな村。

これは無理かなと思ったところ、チャイ屋のお兄ちゃんに訪ねたら、
隣にいたお客さんが、ラトナーの親せきで!しかもリキシャドライバーで!
のせてもらって、すぐ着いた。

そんな偶然がよくあるインド。


しかも、2年前に訪ねた織物の工房のすぐそばだった。

RIMG0087.jpg


ラクダやヤギの毛糸を購入。
なにつくろうかな-。

RIMG0089.jpg

石集めだいたいおわりで、そろそろ音楽

ナマステ。

ラジャスターンの州都、ジャイプールにいます。

きれいな石を集めては、部屋でペンダントをつくったり、
カッチから持ってきた草木染めの布で、
変なぬいぐるみやカバンをつくってあます。

ジャイサルメールは半日しかいなかったけれど、
四年ぶりの日本人の友だちが、
歌を習っていて再会できた。ミラクル。

また戻ると、友人宅に荷物を預けて、
駆け足でジャイプールへきたのでした。

そして先日、ジャイサルメールからマンガにヤールの楽士たちがやってきて、数日コンサート。
うれしい再会!

ひとつだけ、参加させてもらって
カルタールを演奏してきました。
彼らのグルーヴのなかにいられると、
ほんとにわくわくしてしあわせです。

ジャイサルメールへは、月末から数週間滞在予定。

あしたはプシュカルへいってきます。

HOME


FC2Ad

  
 

京都のuskabardです

お店のこと

日常のこと

旅のこと


entries

categories

archives

link