庭の木 巡礼

巡礼

RIMG0936.jpg

ヒンドゥー教の巡礼地、ティルマラという山にいってきました。
駆け抜ける南インド!らしからぬ、移動にがんばっております。

勧めてもらったのできてみたけれども、ただ、お寺があるということくらいしか知らなかった。
すごく巨大な巡礼ワールド。


チェンナイからバスで4時間くらい。
そこが北の方なのか、西の方なのか、全く分かりません。
持っている地図にはのっていないもの。
着いたらなんとかなるとおもっていたけれど、あまかった。。
でかすぎて。


とりあえず、泊まる場所を確保しようとうろうろしていると、
サドゥーみたいなおじさんが案内してくれたのは、ロッカーだけが並ぶただっ広い教室みたいな大部屋がいくつか入った建物。
いくらタダでも、ちょっと自信ないから、お金出してでも部屋を借りれるところを探そうとしたら、
"ひとりならここの方がいい"ってなんども言われ、流れでロッカーのカギを借りる列に並ぶことに。。
RIMG0932.jpg
ここに泊まった


そのとき"アーユーチベタン?"と声をかけてくれたのが、ムンバイ出身のナレンドラさん。
この人に出会えてどんなけ助かったことやら。。

ナレンドラさんは、毎年ここに巡礼にきていて、5日間滞在して今日でるとのこと。
出るまでの1時間の間、できるだけのことは教えてくれると、



ゴザやブランケットの借りられる場所や、1日2回のフリーフードの場所や、お寺の場所、
参拝後にもらえるラドゥーというスイーツの場所やそれを入れる袋を買う場所やら、これでもかってくらい連れて歩いて教えてくれました。

しかも、お寺の参拝(ダルマ ダルシャン)に、普通8時間とか並ぶらしいけれど、
お金を少しだしてチケットを手に入れれば、VIP扱いで優先でならばせてくれるらしく、
警察の人にお願いしてくれたり、(それでも2時間半は並んだ。。)


ナレンドラさんに会わなかったら、知らずに8時間並んでいたか、外から眺めておわったでしょう。
そこらへんを散歩してお寺に気付かなかったかもしれない。ほんとにありがたい。


そして夜は、硬い石の床の上で、ゴザを敷いて寝ました。
思った以上に背中が痛くて、気がつくと、知らない人が同じゴザの上に寝ていました。



旅の途中の大都会は、なんだか居心地がわるいから避けようとおもっていたムンバイだけれど、
信頼できるひとができたので、ちょっとよってみようかとおもいます。


おみやげまでくれました。
RIMG0951.jpg

ナレンドラさんに感謝!
よっぽど 心細そうに見えたんだろうね
このお参りで これからの旅が守られることを祈っているよ

いつの間にインドへ!?
オカジマの皆もビックリしてたよ(>_<)
慣れてるとはいえ一人旅・・・気をつけてね。

それと、写真のサンダル可愛いなあ。どっちにしたん?

>おかん
1週間ネットをしなかったあいだにも、いっぱいメールをくれていたよ。ナレンドラさん。ありがたいねぇ。
信頼できる人がいると、街が違うようにみえるもんね。ムンバイたのしみだ。

>なっちゃん
さりげなくインドだよ!びっくりだよねぇ。
いまのところいい人ばかりに会って、元気にしてます。
サンダルは丸い方!かわいいでしょ~。でも、色落ちして足の裏が茶色になるんだ。。

HOME


  
 

京都のuskabardです

お店のこと

日常のこと

旅のこと


entries

categories

archives

link