庭の木 ガジ・カーン と アキラサカタさん

ガジ・カーン と アキラサカタさん

ジャイサルメールにいたときは、ガジ・カーンの家の空いている部屋に滞在していました。
ここの音楽がすきできているひとが、ホテルにお金払うひつようない!って、タダで貸してくれていた。


ガジ・カーンは、カルタール奏者であり、シンガーであり。
とてもかしこくて、チカラのあるひとです。
20年前のジプシー映画、Latcho Dromにも出演しています(もうひとり、シンガーの別のgazi khanもでていますが)

いまは40代半ばくらい。(ここらのひとは、自分の生まれた日をちゃんと知りません)
自分自身で仕事をうけて、演奏者をあつめ、インド国内国外にとびまわってコンサート活動をしています。
自分の意見をしっかりもって、きびしいこともはっきり言う。
政治的にチカラのあるひとたちとも精通していて、みんなに一目おかれているひと。

でも、情に深くてさびしがりや。
ジャイアンみたいだな。うたは上手だけれど。
毎日ビール。毎日ビール。とうぜん、ビールっ腹



ガジ・カーンは日本に来たことがある。

それは20年くらいまえ。
そのときの話しをなんどもきいた。日本人の挨拶や受答えの仕方。
移動中のバスでなんどもながれていたというソーラン節を、
きれいな発音でうたってくれる。フルで。わたしもしらんかったのに。


そのときに、jazzサックス奏者の坂田明さんと、一緒にコンサートをしたことがあると。
その後、坂田さんはガジ・カーンの村へも訪れたと。

ジャイサルメールでおなじ話しをなんどもきいて、日本に帰ったら、アキラサカタさんに会ってこいといわれた。
「またインドにきてください」って。伝言。


そんなんだから、一度坂田さんにお会いできたらいいなと、web siteのスケジュールをのぞいてみていた。
実家に帰る機会と、ライブがかさなる日をチェック。



そして、昨夜。食べ物のおいしい小さな渋谷のバー。
ピアノに黒田京子さんベースは水谷浩章さん。


こんな豪華なjazzの生演奏、はじめて。


なんていったらいいのだろう。
わくわくがはちきれそうになった。
トリップさせてくれる。

今!今!今!この瞬間!

生演奏の醍醐味であるその瞬間を、さらに感じとられた。というか。
音楽ってことばでくくることのできない音の世界が、
うごめく、うまれる。
生きものだ。そうそう、確かに生きものだった。

1_20100614214507.jpg

坂田さんも覚えていてくれていて、ラジャスタンのうたをすこしうたってくれた。

そんな出会いをくれたガジ・カーンに、感謝。
うれしくて、夜、インドに電話した。アキラサカタさんに会ったよって。



黒田さんも、水谷さんも、それぞれのライブにもまた行ってみたい。
すごいすごい、こんな世界があるなんて。あ~、もう。
こういうとき、東京っていいなとおもう。


たのしいことが、またふえた。

坂田さんかぁ。
一昔前、『タモリの音楽は世界だ』に
しょっちゅう出演してタモリとjassっていたのを
思い出す。
めっちゃ陽気ないいおっさんってイメージをもってます♪
生演奏いいなww

>HARUくん
とてもチャーミングなひとだったよ。
すごい演奏の合間に、おちゃめが部分がおめみえして
それがいっそう魅力的にしていたよ。
ほんと、生演奏いいね。
このtrio、京都にも来るみたいだから、いまからたのしみ♪

HOME


  
 

京都のuskabardです

お店のこと

日常のこと

旅のこと


entries

categories

archives

link