庭の木 おんがく
FC2ブログ

ラジャスターン・ルーツ、来日!

ラジャスタンの音楽家たちが、日本にきます~!
7月から8月にかけて、10日間くらい。
関西いろいろと、たぶん東京にもいくのかな。

rajasthanirooot.jpg


rajasthan roots 
ラジャスタンの各地から、たくさんたくさんのアーティストが所属しているグループ。
いいとこどりの、ラジャスタンの乾いた風をひきつれて。
去年のあたまにも来日、大阪のおおきなホールで演奏したそうな。
日本のお客さん、すごく乗りがよくて、いままでで一番のコンサートだったといっていました。



rajasthaniroots2.jpg

去年すこしカルタールをならった、kutle khanも来ます。(写真右↑)
カルタールと、モーチャン(口琴)とバパングの名奏者。
3秒きいただけでもっていかれる。ほんとかっこいい。


そんなkutleの息子のzakirは、まだ3歳だけれど、
去年あったときからすでに、すごい音楽センスの持ち主。
楽器はひけないけれど、ひくまねっこをします。
「カルタール バジャオ(カルタールひきな)」「モーチャン バジャオ(モーチャンひきな)」の言葉のあとに。





なんと、京都公演もあるらしい!

むこうのスケジュールがわかり次第、ワークショップをひらこうとおもいます。


わーい♪たのしみ



とりあえず、みつけたサイト。
http://www.conversation.co.jp/index.html#

整える

あっというまに、帰国して1ヶ月。

すぐに骨董市にだして、こずかいかせぎ。
その後実家ですごした2週間と、京都に帰って、なぜかうちにチベット人が5日ほど滞在して、
再び実家へもどって、やっとこ京都でおちついた。

いろんな人にであえて、可能性がいっぱいひらけそうな充実した日々。
ここしばらくは、自分と向き合いながら生活を整えることが必要だなと。
机の上をきれいにしなくちゃ、しごとがはかどらんもんね。

ラジャスタンのこともまとめてアップしたい。
もうちょい先になりそうだけれど。

こころにはずっといるのだ。
ひとまず、今回の旅のジャイサルメールでの初っぱなに再会して、
welcomeって演奏してくれた、いとしのこどもたちの音楽を。
わたしの背中をおしておくれ。






演奏もどき写真

大量の写真や音楽データを整理せねば!
と、今日は早く目が覚めたので、湯たんぽにすわりながら、カチャカチャしていたら、
みつけた写真。


ジャイサルメールにいたとき、毎晩のように音楽家たちの演奏についていたけれど、
踊らされたり歌わされたりしていたので写真がとれずにいました。

昼間、街をぷらぷらあるいて、写真やさんのおじさんとはなしていたら、
そこの息子さんもカメラマンで、たまたま、わたしがついていったハリシュの公演のカメラマンをしたと。
撮った写真をコピーさせてもらえた!


そんな偶然がわりとあるから不思議なもんです。


DSC_0139.jpg


これは、カルタールとドーラク(太鼓)のセッション。

左:カルタールを教わった、サリン  中:マンギア 
後ろに、ハリシュも

はろうぃん

ぜひ、インドの音楽を。




ぜんぜん関係ないですけどね。。

でも、せっかくなので、かぼちゃを意識したいとおもいます。


前に情報をのせましたが→ これ


タブラの、アミット•ミシュラさんがインドより来日。
大阪から シタールの J
京都より サロードの Sagar

と関西をまわるのですが、

京都のライブでは、
タブラの 松本晃祐 も参加することになりました~!


豪華豪華。たのしみです。



演奏後には、恒例のお食事会があります。
500円。安い!
一品持ち寄っていただいたかたは、タダです。


わたしはというと、
なるべくおいしくつくれるように。

メニューは、インド料理ベジ仕様です。
カレーとか、サブジとか、いろいろ。かぼちゃも、どこかで登場。


どうぞ、ご気軽におこしくださいませ☆

木を探しに

RIMG0100.jpg


前回の旅で、丸太を買いましたが (→※参照)


kartar.jpg

こんな風になりました。(この写真からは、もうちょっと手直ししてもらったけれど)

カルタール、14セット。

カスカスみたいだけれど、見た目よりも音はまあまあよかった。
丸太やさんや、大工さんにオーダーしたり、その過程もなかなか貴重だったから、まぁいいか。


細長い、ただの板です。
片手に二枚づつ持って、カタカタ鳴らす、カスタネット。

↓こんなふうに。





せっかくインドに行くのだから、日本でもしいい木が手に入ったら、向こうでつくってもらおうとおもって、
いくつか材木屋さんにいってみました。


密度がつまっていて、固くて重い木がいい。


沖縄にある、よく似た三板(さんば)というカスタネットは、黒檀や紫檀でできているみたい。
材木屋さんはカリンもいいんでは、と教えてくれた。
ひとつかふたつ、できればいいので、小さな木がほしかったけれど、
大きな柱や板はあっても、破材は捨ててしまうのでおいていない。。


結局、出国までに破材ができたら連絡くれることになりました。
でもほとんど輸入品なんだって。
ま、これも経験として。木がいっぱいでたのしかった☆


黒檀が手に入ったらいいなぁ。。


zaimoku.jpg

HOME


  
 

京都のuskabardです

お店のこと

日常のこと

旅のこと


entries

categories

archives

link